反日は朝鮮戦争のトラウマのすり替え(日韓問題、反日と嫌韓)

反日は朝鮮戦争のトラウマのすり替え(日韓問題、反日と嫌韓) 朝鮮の歴史的背景を韓国人だけでなく、日本人も理解する必要がある。 朝鮮併合、日帝支配は功罪半ばしており、おかげで他国からから解放され近代化した反面、少なくとも一部は不当な抑圧や差別、残虐行為も事実としてあったはず。でも、戦後の日本人の多くは反省すべきは反省したと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供のうつ病が増えています!?シオノギ製薬会社

子供のうつ病が増えています!?シオノギ製薬会社 最近また、病気喧伝の対象が拡大し、「子どもにもうつ病があります」なんて宣伝し、被害を拡大しようとしているらしい。 子どもに対する抗うつ薬の治験 シオノギ製薬会社 https://ameblo.jp/momo-kako/page-4.html シオノギ製薬の治験について(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学生の列に車で突っ込んだ女性に「無罪」判決、居眠り運転??

小学生の列に車で突っ込んだ女性に「無罪」判決、裁判所はなぜ有罪にできなかった? (弁護士ドットコム) https://www.bengo4.com/c_1009/n_7145/ 検察側は、危険運転致傷罪が成立しなかったときのために、「眠気があったのに運転を中止する義務を怠った」として、予備的に女性を過失運転致傷罪でも起訴してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつ病患者が自殺に至る最大の理由は、抗うつ剤~ほとんどの医師は知りつつ処方

うつ病患者が自殺に至る最大の理由は、抗うつ剤の処方 ~ほとんどの医師は「服用すれば何倍も自殺企図の可能性が増える」と知りつつ処方~ 『やはり、医者は“死神の使い”だ…』 https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=143687 かこさんのブログ 「抗うつ薬の隠された害」 h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末田耕一氏の著書 『「うつ」という医学の「言葉」は存在しない』

『「うつ」という医学の「言葉」は存在しない ヒロシマで見つけた「無意識の病」PTSDの薬物療法』末田耕一 著 文芸社 (2017/11/1) 「うつ」という医学の「言葉」は存在しない ヒロシマで見つけた「無意識の病」PTSDの薬物療法文芸社 末田 耕一 Amazonアソシエイト by  著者のサイコドクターSこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川県座間市、9人殺害事件、死体遺棄容疑で男逮捕、被害者とは自殺サイトで

神奈川県座間市、9人殺害事件、死体遺棄容疑で男逮捕、被害者とは自殺サイトで関係 『アパートに9人分の頭部 死体遺棄容疑で男逮捕 神奈川』 2017年10月31日10時45分  神奈川県座間市緑ケ丘6丁目のアパート一室で、切断された2人の頭部が見つかった事件で、警視庁は31日、新たに7人の頭部を発見した。捜査関係者が明らかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立憲民主党、菅直人(元総理大臣)さんの奥様と話した。(精神医療過誤・向精神薬害を訴える)

菅直人(元総理大臣)さんの奥様とお話ししました。(精神医療過誤・向精神薬害を訴える) 安部総理大臣の理由なき解散のおかげで、衆議院総選挙が行われることになり、選挙活動が始まっています。投票日は今度の日曜日かな? 私は大学は政治学科なので政治学士ということになりますが、政治には特に現実政治には昔から全くと言っていいほど関心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーラが見える!? オーラについて

オーラが見える!? オーラについて  やっぱりオカルトとは思われたくないし、その前にオカルトって何でしょう?ってことにもなるんだけど。  とりあえずウィキペデアから引用。  オーラとは、生体が発散するとされる霊的な放射体、エネルギーを意味する。転じて、ある人物や物体が発する独得な、または霊的な雰囲気や、なんとなく感じる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの覚せい剤中毒、依存症が激増!(発達障害、ADHD注意欠陥多動性障害など)

子どもの覚せい剤中毒、依存症が増えています。(発達障害、ADHD注意欠陥多動性障害など) 発達障害キャンペーン、病気喧伝はとてつもない勢いで拡大しており、かつてのうつ病キャンペーンの数倍の勢い。 その被害者の数はうなぎのぼりとなっています。 うつ病キャンペーンと同様、病気や障害者の数が増えたわけではもちろんなく、精神科病院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神医学の研究法のご提案:精神科医や臨床心理士の皆様へ (うつ病、心的外傷後ストレス障害PTSD)

精神医学の研究法のご提案、精神科医や臨床心理士の皆様へ (うつ病、心的外傷後ストレス障害PTSD) うつ病の重症度、採血による評価方法開発に道 九大など http://www.asahi.com/articles/ASJDJ4CCWJDJTIPE00N.html?iref=comtop_latestnews_04 恐怖の記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋真梨子さんの更年期障害、激やせ(週刊文春との確執)は幼児期のトラウマ(心的外傷)が原因

高橋真梨子さんの更年期障害、激やせは幼児期のトラウマ(心的外傷)が原因。(週刊文春との確執) 昨年末(2016年)の紅白歌合戦に出場した時のことを巡って、高橋さん側と週刊文春側との確執が問題になっているようですが。 高橋真梨子、「有村架純に怒った」報道を「事実無根」と否定 文春は「十分自信持っている」 おそらく本人が意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の精神医療の動向 2016年夏

【最近の精神医療の動向 2016年夏】 もちろん大したトピックがあるわけでなく特に良い知らせもありませんが、反精神医療派や批判者や我々の影響力もあり徐々に精神医療問題はどちらかと言えば縮小には向かっています。 同時にあの手この手で宣伝やコンサルティング会社、製薬会社、精神科医は性懲りもなくまだまだ問題・被害を拡大しようともし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神医療の利権構造、精神医療薬害被害者の経緯

精神医療の利権構造、精神医療薬害被害者の経緯、こどもの薬害(発達障害キャンペーン) これはわかりやすくて、よくできた図なので転載させていただきます。一般の人も理解しやすいと思います。元ネタはアリスパパさんのブログ「八咫烏」からです。 精神科 街角牧畜ビジネスの利権構造-ほんとうにこれで良いのか http://amebl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドーピングの深い闇、向精神薬のもっと深い闇(同じことですけど)

ドーピングの深い闇、向精神薬のもっと深い闇(同じことですが) スポーツには関心はないが、(一応趣味の自転車や山歩きもスポーツかもしれないけどそれ以外の)この記事にはちょっと関心をもった。 私はスポーツの結果などどうでもよいと思っているので、関心はないのだ。 もっとも運動学的なことやメンタルのことなど、それに付随することに関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ精神医療過誤・向精神薬害が拡大したのか?(患者側の問題)

なぜ精神医療過誤・向精神薬害が拡大したのか?(患者側の問題)。 精神科医も患者もバカだから、騙し騙されたのか? そういう面もあるだろうけど、人間なんてそもそも愚かで弱いものだ。 そこから出発するしかない。 アンタかてグーミンやろ、ウチかてグーミンや。ほな・いこか (ハナ肇、古いなぁ) 本来医療はなるべく原因に近い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつ病は脳の病気か?「うつ病」の本質、原因は?

【うつ病は脳の病気か?「うつ病」の本質、原因は?】 憶えている人もまだ多いだろうが、2015年2月、川崎市の多摩川の河原で、当時中学1年の上村遼太さんが虐めにより殺害された事件があった。何ともやるせない事件である。 被害者の家庭は母子家庭で、母親は離婚し働きながら5人の子供を育てていたらしい。そのこともいろいろ物議を呼ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小保方晴子さん、ベッキーちゃん、(引き寄せの法則、ポジティブ・シンキングの陥穽)

小保方晴子さん、ベッキーちゃん、(引き寄せの法則、ポジティブ・シンキングの陥穽) 小保方晴子さんの手記、「あの日」が出版されたことが話題になっている。 ベッキーとゲス極川谷という人の不倫も随分マスコミを賑わせた。 手記には大事なこと不都合なことは書かないだろうけど、たぶん大部分は事実なのだろう。彼女の見方、解釈によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誤解してはいけない!自殺者6年連続減少の理由は

誤解してはいけない! 6年連続自殺減少の原因は「うつ病の早期発見・治療」、精神医療のおかげではもちろんない。 例えば借金対策などもいくらかなりとも効果はあったはずだが。 3年前にこちらで予知・明言したとおり。 予測通り、2012年『自殺者、15年ぶり3万人下回る』 その理由、原因は? 自殺が増えたのもわずかながら減り続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障害(3a) 発達障害(誤診)の症例-1、統合失調症の疑い、AD/HD 注意欠陥多動性障害

発達障害(3a) 発達障害(誤診)の症例-1、統合失調症の疑い、AD/HD 注意欠陥多動性障害 こちらの続きです。 発達障害 (1) : 発達障害(誤診)の拡大と混乱 発達障害 (2) : 発達障害(誤診)の病名など 思いつくままにいくつか挙げておきますが、以下のような子供はいくらでもいる。 【その1】中学1年、女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障害 (2) : 発達障害(誤診)の病名など

発達障害(2) 発達障害(誤診)の病名など この項は前項の「発達障害(1):発達障害(誤診)の拡大と混乱」の続きです。 発達障害(誤診)では以下のような診断名も良く使われるので、それについて。 児童精神科医が言うことの多くは間違いであり、精神医学に反しておりエビデンスもない。 ウィキペデアなんかを見ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障害 (1) : 発達障害(誤診)の拡大と混乱

発達障害(誤診)-その1 発達障害(誤診)の拡大と混乱 今日、「うつ病キャンペーン」病気喧伝、即ち受診者(薬害被害者)の増加も頭打ちとなった現在、精神科医が遺憾なく無能さや有害さを発揮しているのは子供に対してである。 そもそも、職業として成立しないはずの児童精神科医と称する者もやたらと増えてきた。 悪しき「発達障…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統合失調症の原因(ある同級生)

ある同級生のこと(統合失調症の原因) 私が中学に入学したのは1971年である。思春期の始まり、多感な時期である。 入学早々、大久保清の事件がニュースになり、それは随分、気の滅入ることであり大いに苦悩した。前年にハイジャック事件や大阪万博があり、この年にドルショック、翌年には浅間山荘事件があり、中学3年の時にはオイルショックが起こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DSMの終焉、神経症の復権:うつ病、発達障害から神経症(心的外傷後ストレス障害:PTSD)へ

DSMの終焉、神経症の復権:精神障害(うつ病)・発達障害から神経症(心的外傷後ストレス障害:PTSD)へ 神経症(ノイローゼ)という言葉は、精神科医の中でも一般の人の中でも殆ど使われなくなった。 精神分裂病→統合失調症、というように差別的である、実態を正確には表していない、といった事情で、名称変更が決められたわけではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠薬・抗不安薬、処方量でも… 依存症にご注意! ベンゾ系、ベンゾジアゼピン

最近になってようやくこんな記事も新聞に載るようになりました。 睡眠薬・抗不安薬、処方量でも… 依存症にご注意(朝日新聞)  医師から処方された睡眠薬・抗不安薬を飲んでいて、薬物依存になってしまう患者がいる。薬をやめられなくなったり、やめた後に離脱症状が出たりして、苦しんでいる。広く使われている薬だが、量を減らす試みも始ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第110回日本精神神経学会学術総会 横浜パシフィコ 参加記

第110回日本精神神経学会学術総会 横浜パシフィコ 歩いて行ける位のところだから散歩がてら行ってみた。 学会なんてもう20年以上も行ってない。精神医学の学術関係誌も20年くらい読んでいない。関心もない。 実は先週も同じ場所でリハビリ関係の国際学会があったので来たけど、そのときは中には入らず。 昔の恩師と約30年ぶりにお会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統合失調症の薬服用で21人死亡 ヤンセンのゼプリオン(精神医療過誤・向精神薬害)

『統合失調症の薬服用で21人死亡 ヤンセンのゼプリオン』 2014年4月18日00時25分 朝日新聞DIGITAL  厚生労働省は17日、統合失調症治療薬「ゼプリオン水懸筋注」(ヤンセンファーマ社)を使用していた21人が死亡したと発表した。因果関係はわかっていないが、厚労省は同社に対し、使用上の注意を改訂し、医療関係者らに注…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理研と小保方晴子さん、STAP細胞、精神医療過誤・向精神薬害と科学技術の未来など

小保方晴子さんとSTAP細胞に関しては当初から、そんなのできるかぁ?ホンマかぁ~ウソやろ!?往生しまっせぇ~と思った人や、虚言の臭いや胡散臭さを感じたり、何がリケジョだ女子力だ、と訝しく思った人も多かったのだろうけど。 小保方さん個人の精神病理や、組織や社会の集団力学、社会心理には関心が無いわけでもないけど、彼女を直接知ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向精神薬の大量処方を制限へ、診療報酬を認めず

『向精神薬の大量処方を制限へ、診療報酬を認めず』 読売新聞 3月7日(金)17時35分配信  厚生労働省は新年度から、抗不安薬や睡眠薬などの向精神薬を数多く処方した場合、診療報酬を原則認めない仕組みを導入することを決めた。  薬物依存や重篤な副作用を防ぐ狙いがある。  新ルールでは、外来診療で服薬管理などをする際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神科医の犯罪を問う

ここで触れるのは、精神医療過誤、精神科医の職業上、医療上の犯罪ではなく、刑法上の一般的な犯罪のことである。 「精神科医の犯罪を問う」というブログがある。 http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55 数年前に 「精神科医の(刑法上の)犯罪は多いし、両者全く関係がないわけではないが、これと精神科医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってもイイ精神科、ダメな精神科(心療内科)・優しい精神科医

「行ってもイイ精神科、ダメな精神科」  ひろ新子   という本が出ており結構売れているようだ。これまたたいへん気色の悪い本である。 取材のやり方など、倫理的な問題もいろいろあるのだが、そんなものは精神医療問題に比べて比較にならないほどの小さな問題なのでココでは触れない。 もちろんこの人は、うつ病でもないのだが、それについて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『医師・医療機関に製薬業界から4700億円提供』 読売新聞

医師・医療機関に製薬業界から4700億円提供  製薬業界から2012年度に国内の医師や医療機関に提供された資金の総額は4700億円を超えることがわかった。  国の医療分野の研究開発予算1700億円の2・7倍に上る。  医学研究の発展のためには産学連携が不可欠だが、高血圧治療薬「ディオバン」の研究データ改ざん問題では、背…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『うつ病の痛み』 キャンペーン  病気喧伝

またまた性懲りも無く、製薬会社の大規模なうつ病キャンペーン、病気喧伝、疾患喧伝が行われているようです。 今度は「うつ病の痛み」です。 日本イーライリリー社 https://www.lilly.co.jp/pressrelease/2013/news_2013_041.aspx シオノギ製薬 http://www.uts…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸岡いずみさんは、ホントにうつ病か??うつ病、躁病、躁うつ病の誤診

テレビも見ないので丸岡いずみって人は知りませんでしたが。 最近、バリバリのうつ病と称して、『仕事休んでうつ地獄に行ってきた』という本を出したらしい。 もちろん私は読んでいません。 週刊文春「丸岡いずみ、うつ地獄からこうして脱出した」という電車の中吊りも見た。 せっかく山登りに行くところだったのに楽しい気分が削がれた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PTSDに初の治療指針』朝日新聞

日本トラウマティック・ストレス学会 『PTSDに初の治療指針』 朝日新聞 災害や犯罪などの体験が心の傷となり、強い不安や不眠などが続く心的外傷後ストレス障害(PTSD)への対応や治療の指針を、専門医の学会が初めて作った。東日本大震災などがきっかけだ。医師による適切な治療のほか、呼吸法など患者自身ができる対処法も紹介している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 『トラウマからの解放』 NHK ETV特集

見なかったんですが、そういう番組をやったらしい。 これ見てウチを探してに来たという患者さんが教えてくれた。ウチはEMDRはやってませんけど。 『トラウマからの解放 NHK ETV 特集』 薬が効きづらいうつ病や、摂食障害などの複雑な心の病、自傷行為・薬物依存などの問題行動の背景に、幼い頃に受けた虐待や性被害の心の傷・トラウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『生活習慣病としてのうつ病』 井原裕

『生活習慣病としてのうつ病』 井原裕 井原裕さんのことに関しては、今までに2回ほどふれた。 精神科医療批判は国民の義務 『医原病としてのうつ病』 井原 裕 精神神経学会 『双極性障害と病気喧伝(disease-mongering)』 井原裕 井原裕さんは「今が旬の精神科医」なのでしょう。 この本は従来の「イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン 厚生労働省、初の指針

睡眠薬、上手な使い方は? 厚労省研究班などが指針 (朝日新聞)  【大岩ゆり】10人に1人が悩んでいるといわれる不眠症で、睡眠薬を適切に使って、上手にやめるための診療指針ができた。まずは生活習慣を改善し、睡眠薬を使う場合は患者の症状や体質に合う薬を、原則として1種類だけ使うよう勧めている。厚生労働省研究班と日本睡眠学会が13日、公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神科医療批判は国民の義務 『医原病としてのうつ病』 井原 裕 精神神経学会

 『医原病としてのうつ病』 井原 裕 孫引きですけど、第109回日本精神神経学会学術総会(2013年5月23~25日)の抄録より 『「うつ病」はもはや医原病、一定期間以上の服薬者はすでに抗精神薬依存症、薬物中毒』とは、私はもう10年以上前から言っておりHPにも書いており、反精神医療の人もそういう人がいますが、一部の精…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向精神薬、減薬、断薬のために参考になるかもしれない本

向精神薬、減薬、断薬のために参考になるかもしれない本 それぞれ問題はありますけど。この手の本自体がまだ少ないので。本気で向精神薬、減薬、断薬に取り組む精神科医もいません。 やはり何ごとも鵜呑みにしてはいけません。特に精神科医の言うことは。 うつ・不安・不眠の薬の減らし方秀和システム 原井 宏明 Amazonアソシエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向精神薬で薬物依存症に陥る患者が増加 12年間で割合倍増

向精神薬で薬物依存症に陥る患者が増加 12年間で割合倍増 産経新聞 5月8日(水)10時46分配信  精神科などで処方される向精神薬の服用で薬物依存症になった患者の割合が、平成12~24年の12年間で約2倍になったことが7日、国立精神・神経医療研究センター(東京)の調査で分かった。向精神薬は法律の取り締まり対象だが、医師の処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警察庁、『ストーカー、警告でなく治療で予防へ…方針転換』

ストーカー、警告でなく治療で予防へ…方針転換 読売新聞 5月4日(土)8時57分配信  警察庁は、ストーカー行為を繰り返す加害者に対し、専門機関で治療を受けるよう促していく方針を決めた。  ストーカー規制法に基づいて警告などを与えても嫌がらせが止まらず、殺人にまでエスカレートしたケースもあることから、警告や摘発で被害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「睡眠導入剤を大量服用の女子高生、治療怠り死亡」 どういうことでしょうか?

睡眠導入剤を大量服用の女子高生、治療怠り死亡 2009年4月、睡眠導入剤などを大量に服用して運ばれた女子高生(当時18歳)を治療せずに帰宅させて死亡させたとして、福岡県警は、産業医科大病院(北九州市八幡西区)の神経精神科に勤務していた男性医師(30歳代)を業務上過失致死容疑で近く福岡地検小倉支部に書類送検する方針を固めた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型抗うつ薬SSRI、効果なし?18歳未満「慎重に」

新型抗うつ薬SSRI、効果なし?18歳未満「慎重に」 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130329-OYT1T01352.htm?from=ylist  厚生労働省は29日、1999年以降に承認された新タイプの抗うつ薬の投与について、18歳未満へは慎重に検討することを添付文書に記載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予測通り、2012年『自殺者、15年ぶり3万人下回る』 その理由、原因は?

予測通り、2012年、自殺者が少し減少したようです。 自殺者、15年ぶり3万人下回る 都市部で大幅減 前にも書きましたが、自殺者は徐々に減少し、向精神薬中毒死は徐々に増えていくはずです。 私だけでなく、「反精神医療派」の人たちや、精神医療問題をよく 自殺者数の推移  2012年の自殺者数が2万7766人で、1997年以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自殺総合対策大綱素案に対する意見募集の結果

自殺総合対策大綱素案に対する意見募集の結果が公表されました。 http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/taikou/pdf/20120828/kekka.pdf 予想通り過ぎて笑えます。 主な意見として「知人の例などを挙げながら、大綱見直し素案では悩んでいる人を全て精神科医につなぐだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬に頼らない不安の解決法、解消法、対処法、克服方法

薬に頼らない不安の解決法、解消法、対処法、不安を克服するには  誤解を恐れずに言えば…  対人不安、対人恐怖の人は、得てしてむしろ相手を不安にさせたり緊張せさせている。そのつもりはなく、敢えてそうしているわけでは結果的にはそうなっている。  自分が不安にならないようにするより、人を不安にさせない、緊張させない、恐怖を与えな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅ホームを青色照明にすると…飛び込みが8割減 (読売新聞)

駅ホームを青色照明にすると…飛び込みが8割減 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20121009-OYT1T01190.htm?from=main1  駅のホームに「気持ちを落ち着かせる効果がある」とされる青色照明を設置すると、列車への飛び込み自殺が約84%減少すると、東京大学の沢田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more