間違いだらけの精神医療:うつ病は薬では治らない

アクセスカウンタ

     うつ病など、薬を使わない短期治療法

zoom RSS 『医師・医療機関に製薬業界から4700億円提供』 読売新聞

<<   作成日時 : 2013/10/22 15:16   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

医師・医療機関に製薬業界から4700億円提供

 製薬業界から2012年度に国内の医師や医療機関に提供された資金の総額は4700億円を超えることがわかった。

 国の医療分野の研究開発予算1700億円の2・7倍に上る。

 医学研究の発展のためには産学連携が不可欠だが、高血圧治療薬「ディオバン」の研究データ改ざん問題では、背景に企業との不透明な関係が指摘された。専門家は「資金提供の透明化が必要」と指摘する。

 主要な製薬企業70社で作る日本製薬工業協会の指針に基づき、10月上旬までにホームページで初めて金額を自主公表した65社分を読売新聞社が集計した。

 公開された金額は、各社が大学などの研究機関や医師に支払った〈1〉共同研究などに使われる研究・開発費〈2〉寄付金などの学術研究助成費〈3〉講師謝礼や原稿料など〈4〉医師向けの講演会、説明会などの情報提供関連費〈5〉飲食や中元歳暮などの接遇費。

 項目別で最も多かったのは研究・開発費で計2438億円。その4分の3は、薬の承認を得るために行う治験などの臨床試験費(1840億円)だった。

 寄付金などの学術研究助成費は計532億円。うち、指定した研究者が自由に使える奨学寄付金は340億円、研究者を指定せずに大学などに提供する一般寄付金は84億円だった。ディオバン問題では、臨床研究の事実上の見返りとして、販売元のノバルティスファーマから多額の奨学寄付金が支払われていた。

画像


(2013年10月22日07時48分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131021-OYT1T01622.htm

製薬会社から医師に体する利益供与が、精神医療過誤、向精神薬害蔓延の原因の一部になっているのは確かでしょう。
こうしたことも明らかにされてはいます。
ブログ「精神科医の犯罪を問う」より
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/folder/1601504.html

これだけなら、さほど問題ではないかも知れませんが(いや、やっぱり問題だな)実際にはずい分裏金が回っているはずです。実は私も受け取ったことがあります。

昔20年以上前のことですが、同僚の内科医が製薬会社主宰のホテルで行われる講演会の招待状をくれたので行って見ました。リハビリ系の内容だからって。
もしかすると貧しい私に小遣いをくれようとしたのかも知れませんが、そこはよくわかりません。

あまりにもつまならいので、途中で出ようとしたのだったか?

会場を出たら、製薬会社の人がすっとんで来て、さっき渡した封筒を返して欲しいと詰め寄って着ました。
私は直ぐ返したのですが、一緒に行った知人が「何を返せと言うのか?」と中身を見たら、薬のパンフレットの他に(たぶん)5万円入っていました。
私は封筒には薬のパンフレットが入ってるだけだと思ったのでしたが。
私たちが医師ではないと製薬会社の人が気づいて、すっ飛んで取り返しにきたようです。
というわけで、貰ったと言っても、すぐに取り返されたので実際には貰っていません。パンフレットも返そうとしたら「それはいいです」って言うのでゴミ箱に捨てましたが。

ただ怪しげなつまらない講演を聴きに行っただけで5万円です。
講演をしたピエロ役の医者はいくらもらっているのかわかりません。もちろんタダでやるわけはないだろうし、表の金はもちろん裏の金もあると考えるのが自然でしょう。

この時は、薬の宣伝が目的ではあったようですが、講演の内容はあまり関係のないことだったと思います。
製薬会社が講演を準備して、ピエロを演じるだけの場合や、自ら宣伝係、太鼓持ちをかって出る人もいるのでしょう。
私が直接知っているのはその位のことです。

けしからん、と思う人は多いかもしれませんが、私はこの問題に割に寛容かもしれません。
というか、あまり良くわかりません。世間知らずでしょうか?ゼニ金のことは苦手なんです。

拝金主義、金儲け主義、利潤追求が精神医療過誤の拡大、向精神薬害蔓延に通底する大きな動因であるのは間違いないですが。
被害を拡大させても儲からないならやるわけないし、製薬会社や病院、精神科医が裁判等で訴えられて賠償しても、それを遥かに上回る利潤があるからやっているわけで、その費用は織り込み済みらしいです。
これから先もそれでやっていけるのかはわかりませんが。


私が直接知っている医師の殆どは(元)公務員で、給料は安く、金儲け主義の人や、お金に汚い人はほとんどいません。
 (実際にかなり安い、そこそこの大学を出てそこそこの会社でそれなりの地位を得ている人よりだいぶ安いと思う。国立大学医学部の教員だと最初は事務職より良いけど、しばらくいると抜かれてしまう。残業手当もないし。バイトも申請して許可を得ればできるけど。)

これまたずいぶん前だが、個人売買で中古車(安い外車)を買った相手がたまたま某私立医大の先生だったことがある。
多少のやりとりがあっただけですが、金にちょっと汚いのでは?外車を何台も持ってる位なんだから、金はあるはずなのに。やっぱり私立医大なんかは金の世界なんだな、と思ったことはある。

後で知ったことでは、その地域の(その種の)車のマニアの間では、ズルイ人、金に汚い人、あの人は○○医大だからね…として、ちょっとばかり知られている人でした。

今時、金だけで入れる医大なんかホントにあるのか?都市伝説か??私立医大の底辺校なんて簡単に入れるし、と思っていましたが、実際にあることを知ったのは実は最近のことです。(医学部にいるときは知らなかった)入るのも出るのも医者になるのも金の世界、それだけではないですが。

医療の中にいても自分の周囲以外のことはなかなかわからないもんです。私は公的施設以外で勤めたことはないし、医者ではなくリハビリ職だったし。

・精神医療過誤、向精神薬害万円の主な要因が、製薬会社から医師に渡るお金、利益供与にあるとは思えない。
・金儲け主義の医者は、製薬会社から貰うより別の方法の方が効率はいいはず。
・金をもらっても動かされなければそう大した問題ではないはず。

  皆、そんなに金で動くのかなぁ??医者はその傾向は強いのではないかという気はするけど…
 私なら製薬会社からお金をもらったら別の会社の薬を使ったりするけど。ひねくれ者なので。少なくとも金では影響されない。
  そうすれば、収賄は実質成立しない。お金をくれるから貰ってあげただけだ、という言い訳が立つかも?と思ってしまう。すなわち、袖の下を贈る方が損をすることになる。でも私のような奴には不思議なことに賄賂は廻ってこないもんである。

そういえば思い出したが、ある大学のリハビリ系学科の設立準備を手伝ったことがあるが、私にはそういう話すらなかった。別な人はたいして仕事もしていないのにそういうのがあったという話。確かめてはいない。

 結局の所、貧乏人は金で動かないので貧乏だが、金で動く医者などは金で動くから金持ちなのか?
 金で動かされ無い人には金は回らず、動かされる人には金が回ってくるのか?

 世の中全体が、そういう仕組みになっているのが問題で、医療の問題とは別だと思う。金が回る(金を回すための)ことを追求するのが、当たり前の行動原理になっている社会だから。そういう拝金主義資本主義に医療も絡めとられているというより、医療はまさにその中心にあるということ。

結局の所、皆が変わらなければ世の中は変わらないのでしょう。精神医療過誤、向精神薬害問題も。

うつ病、神経症、パニック障害など短期で確実に改善できる治療法を行っています。
東京精神心理研究所

独自に開発した催眠を使った、うつ病、神経症等、精神疾患PTSDの短期治療法です。
・神経療法 (という言葉は普通はなく、実際に他にはありません。神経の状態を無害、安全に改善。)
・催眠療法 (催眠を使うので催眠療法を称していますが、一般のまやかし催眠療法ではありません。)
・精神分析的精神療法 (新フロイト派の流れを汲む)
 これらを統合した安全で確実な治療法を行い、無害有効な精神神経の健康法を指導しています。
もちろん有害、危険性の高い向精神薬は使いません。
本当に改善したい方のみお越しください。

疾患喧伝、うつ病、抗うつ剤、向精神薬、双極性障害、不眠症、睡眠障害、精神科医、病院、心療内科、メンタルヘルス、疾患喧伝、病気喧伝、SSRI、双極性障害、躁うつ病、井原裕、獨協大学、独協医大、新型うつ病、非定型うつ病、医原病、抗精神薬害、精神医療過誤、うつ病キャンペーン、眠れますか?お父さん、自殺対策、病気喧伝、新型うつ病、双極性障害、睡眠障害、発達障害
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた
    うつ病など、薬を使わない短期治療法
うつ病、神経症、パニック障害などの臨床催眠療法
短期で改善できる治療法を行なっています。
東京精神心理研究所
『医師・医療機関に製薬業界から4700億円提供』 読売新聞 間違いだらけの精神医療:うつ病は薬では治らない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる